ロゴ

予防歯科が大切!健康な歯を手に入れるために定期的に歯医者へ行こう

医者

歯の健康を考えるなら虫歯が痛くなってから通うよりも、定期的に歯医者へ通う予防歯科がおすすめです。実際に定期的に見沼区の歯医者へ通院している人の話をチェックしてみましょう。

みんなの口コミ

将来を見据えて3ヶ月に1回定期検診に通っています

幼い頃から、両親や兄弟が虫のトラブルで苦しんでいるのを見てきたので、歯に関しては人一倍、意識が高かった様に思います。幸い、20代までは大きなトラブルもなく過ごしてきましたが、30歳になったことをきっかけに、予防という観点から歯医者に通うことにしました。実際、30代になると歯周病を患う人が増えると聞いていましたし、良いタイミングだと思ったのです。中々、ここが良いという歯医者を見つけられずにいましたが、見沼区の歯医者に通い始めてからは、すっかり気に入り、通院が定着しました。3ヶ月に1度の割合で通い、定期的に歯の健康を調べてもらっています。今の所、悪いところはありませんが、これからも健康な状態で自分の歯を維持していきたいので、定期健診に通うつもりです。
[30代/男性]

クリーニングで歯石をしっかりと除去もらってます

しっかりと歯磨きはしている方だと思いますが、やはりブラッシングだけでは取りきれない汚れもあります。手が届きにくい箇所や、磨き残しもありますし、完璧な歯磨きは難しいと考えているので、歯医者で定期的にクリーニングをしてもらっています。30代から40代にかけて増えてくる歯周病に関しても、磨き残しや歯石が影響すると言われていますし、口内の健康をチェックするという意味合いでも、定期的にクリーニングを受けるのは理に敵っていると感じます。特に、歯や歯茎のトラブルを経験していないのも、定期的にクリーニングを受け、口内の健康を保てていることが大きいと思うので、これからも見沼区の歯医者に通い続けるつもりです。何か症状が出ないと歯医者には通わないという人も多いですが、予防という観点からも、歯医者を利用することはとても大切だと思います。
[40代/女性]